作業員

畑と家を守る|アライグマの駆除と対処方法

オオスズメバチに注意

ハチの巣

スズメバチは蜂の中でも危険な虫とされています。特にオオスズメバチは特に獰猛とされており、集団で襲い掛かってくるので家近辺に巣を作られたらできるだけ早く駆除をしましょう。

詳しく読む

ゴキブリの対策は掃除が基本

害虫

ゴキブリ駆除は、ベイト材を用いたり殺虫剤を噴霧して駆除を行うのが基本ですが、対策としては家を清潔にすることも大事です。食べ残しを片付けるだけで目に見えてゴキブリの数は減ります。

詳しく読む

駆除と捕獲

ねずみ

ネズミ駆除は、自分で行う場合駆除をするよりも捕獲を念頭に置いたほうが後々悪臭に悩まされません。そのため、殺鼠剤よりも捕獲用の罠を設置しておくことが推奨されています。

詳しく読む

アライグマの危険性

あらいぐま

アライグマといえば、愛くるしいイメージが強いですが、実際には獰猛な性格の動物です。こちらから接近して触ろうとしない限り人間に襲いかかることはまずありませんが、人間以外の動物、例えば犬猫などのペットや鶏、牛などの家畜には襲いかかる傾向があります。実際、海外では被害に遭う事例が多く、害獣として認識されています。日本でも例外にもれず害獣としてみなされており、駆除業者による駆除も行われています。なお、現在日本ではアライグマは特定の機関以外の飼育は原則として禁止されています。
アライグマによる害で一番多いのが畑の作物です。特に果樹園などはアライグマによって多くの果物が被害に遭い、年間1億円以上の被害総額が出ることは珍しくありません。また、狂犬病のウイルスを保菌しているという可能性もあります。しかし、現在の日本では狂犬病の症例はなく、アライグマが保菌者である可能性は限りなく0です。しかし、万が一というケースもある上に、他の最近に感染する可能性もあるので危険であることにはかわりありません。
他にも、アライグマが家の屋根裏に住み着き、糞尿を垂れ流したり家の食べ物を盗むといった事例もあり、被害が悪化した場合は駆除を視野に入れる必要もあります。そんなときは駆除業者に依頼する事になりますが、駆除ではなく、住み着かれないように対策を練るのも重要です。例としては、忌避剤を撒いてアライグマの住みにくい環境にすれば、駆除の必要なく、アライグマは退去します。